スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い冬は、体の中から温めて

今日は、松山も初雪。( ▽|||)さっぶぅ~

治療院の方では、前もって数日前から予約いただいていた方も
数名、熱を出しキャンセルとなりました

疲れが溜まっていて抵抗力も下がっていたのでしょう

この冷え込みのせいかもしれないですね

お大事になさって下さい

風邪の引き始めなどは、よく体を調整することがあります

体を調整したり、ほぐしてあげることにより風邪を引かずに
済んだって、後になって教えていただくことがよくあります

風邪引きそうっていうのは個人の感覚になりますが喉の痛みなどの
初期症状などは肩や首をほぐしてあげるだけで
痛みが和らぎ消失することも多いです

ただ、今回のような高熱の状態では

体を温かくして

十分に睡眠を取り

体を温めるものをとって

養生するのが一番(o^-')b グッ!

私の場合、風邪薬が苦手(眠気が凄くて)なので

葛根湯を飲むことが多いです

後、ショウガなどを沢山取ります

ここのところ風邪はひいていないですが、ショウガを料理の中に入れてます

うどんや煮物などなど 

食べ出したら結構、美味しくてクセになります(o^^o)

体もポッカッポカ

体を温める食べ物でトウガラシなどの香辛料は

喉が痛いときなどは、粘膜の荒れがひどくなるので要注意ですね!

これからの寒い時期は、体の中からも温めて、元気に冬を乗り越えたいですね(^-^ )



スポンサーサイト

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

気持ちを落ち着かせたいときのツボ~労宮~

緊張するときやイライラした時

ちょっと押したり揉んだりしてあげると

気持ちが落ち着くツボとして

『労宮(ろうきゅう)』があります

roukyuu.jpg


場所は、手をグーしたとき、中指の先が当たるところ周辺です

ツボとしては、この場所ですが一緒に手の平、全体もほぐしてあげると
とても気持ちが良くリラックスできます

足裏と同様、寝る前に押してあげると不眠にも効果があります

手の届きやすく簡単にできる場所なので
一度、試してみてください(o^^o)


テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

体を温める飲み物

私は、どちらかというと冷え症体質です

なので冬は、結構苦手で毎年、冷え対策なども行っています


マッサージやツボを押したりなども有効ですが

普段の生活で自分でも実行しやすいもので体を温める作用のある

『お茶』

などを飲むこともいいですよね


今までは、冬でもコーヒーと緑茶ばかり飲んでいましたが

この2つの飲み物って体を冷やす作用があるんですね(o^^;o)


リラックスしたいときや緑茶の効力を考えると

なかなか捨てがたいのですが・・・・

ってことで無理して止めるんじゃなくて、ちょっと増やしてみました

体を温める飲み物でよく知られてるのが

・紅茶

・ほうじ茶

・杜仲茶

・麦茶

などなど

この中でも紅茶とほうじ茶を飲むようになりました

その効果の程は、よく分からないですが

効果を求めすぎず続けてみるのもいいかなと・・・

ということで

女性の人は、冷え性の人も多いと思います

普段から飲むことの多いお茶なので何種類か楽しみながら
取り入れてみるのも良いかもしれないですね(o^^o)



テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

リハビリに音楽療法

産経ニュースにリハビリテーションのトレーニングの1つとして

『神経学的音楽療法』を取り入れている病院のことを紹介していました

ここで行われている音楽療法は、メトロームのリズムに合わせて
歩行訓練するもので

メトロームの速度を変化させることにより負荷を調整していくそうです

音楽療法士の話によると

「メトロームを使えば患者さんは、音に合わせて安定して歩けます
気がつかない程度にテンポを速くすることで自然と歩行速度を上げられる」

とのことです

同じ動くのであればテンポを合わせながら歩くことで脳への刺激にも
なりそうで効果的なように思えます

私が思っていたような音楽療法とは違いましたが


音と作業療法的な所や理学療法的な所をプラスさせて

まさに、リハビリテーションの現場ならではの
音楽療法といえそうですね

実際の効果は、まだまだ研究途中の分野なので個人差がかなり
大きいようですがこれから先、音と動きのバリエーションで
治療効果を上げていくのではないかと思われます

モーツァルトのようにリラックスして脳へ心地よい刺激を与えるものと

神経学的音楽療法のようにリズムに合わせて脳と体を結びつけて
刺激を与えることが出来たりと

音を楽しむ音楽があれば、音で楽になる音楽もあるんだなって

ただただ感心させられました(o^^o)


テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

本の紹介~健康問答2~



以前読んだ私の好きな本の続編が出たので紹介します

『健康問答2』

前回の健康問答が好評だったようで第2弾が出版されてたそうなので

読んでみました

今回は、前回に比べ私の身近な事や興味のあることが
多く含まれいて、とても面白くて勉強になる本です

医師でありながら本音で話をする帯津さんの話は面白く

質問する五木さんも聞きづらい事など率直に投げかけるなど
見応えがあります

教科書的なものではないですが

「あ~こんな考え方もあるんだな」

とか

「へぇ~そうなんか」

っと感心することもあったり考えさせられることも多く

何回でも読み返したくなる本です

お勧めの一冊ですね(o^^o)




テーマ : **おすすめbook!!**
ジャンル : 本・雑誌

脳疾患や難聴にモーツァルト

音楽には色々な効果がありますが

モーツァルトの中には体によい影響を与えることが多いのは
よく知られていますが色々な疾患に対して選曲した物を
見かけることがあります

脳疾患に有効なアルバムや血液循環系に有効なアルバム

等々調べるとたくさんありますね


今回は、脳疾患に有効なアルバムを聞いてみました

病名に関しては幅広く、老人性痴呆症やパーキンソン病そして難聴など

タイトルは

最新・健康 モーツァルト 音楽療法 ~ 脳神経系疾患の予防 ~

どの曲も静かで頭の中に心地よく入ってきます

普通にBGMとして流しても良い感じですね

疾患に関しての効果は、まったく分かりませんが(o^^;o)


疾患にかかわらず自宅で介護などを必要な方や病気になっている人だけでなく
家族にとっても心地良い気分にさせてくれるのではないかと思います(o^^o)



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

薬物乱用頭痛

毎日新聞に薬物乱用頭痛についての記事が載っていました

鎮痛薬の使いすぎによって、頭痛の症状を悪化させる患者が増えているそうです

「え?」

「飲み続けていたら、そのうち治るでしょ?」

って思っている人も居るかもしれませんね

痛くなるのを恐れ薬を予防的に常用していると痛みを感じやすくなってしまうためで
安易な服用には注意が必要だと書いていました

一つの症例として紹介していたのが
数年間、頭痛に悩まされている女性が痛むと鎮痛薬を飲んでいたそうです

頭痛は年を重ねるごとに酷くなり

毎日2~4回飲まないと耐えられない状態に

たまらず脳外科に受診されたそうですが結果は『異常なし』と診断

そこでも鎮痛薬を処方され飲み続けたが毎朝目が覚めると
ズキズキと痛み、吐く事もあったそうです

その後、頭痛の専門医を受診することになり診てもらうと

もともとは、こめかみから目のあたりが激しく痛む片頭痛だが、鎮痛薬の
飲み過ぎで頭痛を悪化させていたことが分かったそうです

女性患者は「仕事をしているので寝込むわけにもいかず、痛くなるのが不安で
薬に頼っていた」と振り返っていました

私も時折、片頭痛に悩んでいたので気持ちがよく分かります(o^^;o)

この薬物乱用頭痛、診断基準は、3ヶ月以上にわたって月に10日~15日以上
鎮痛薬を飲んでいると診断されるようです

統計的には、慢性頭痛患者の1割弱とされているようですが
私の感覚では、もっといるのではないかと思います

薬物乱用頭痛になりやすい人は片頭痛の患者さんです

片頭痛は、以前にもブログで書きましたが人により激しい発作があり
痛さと吐き気で寝込んでしまいます

そんな恐怖から予防的に薬を飲み続けてしまいます

なぜ、薬を使いすぎるといけないのか?

それは、薬を使いすぎると脳の神経細胞が敏感になり、本来感じない痛みまで
感じてしまうんですね

特徴として、毎日明け方から頭全体が痛み一日中スッキリしない
状態が続くと言うことです

毎日、痛みが続く事から一般的に病院では『緊張型頭痛』と誤診されやすく
中止すべき鎮痛薬を処方されてしまうのです

薬の常用により痛みの性質が変化してしまい本来の頭痛が隠れてしまいます


頭痛の専門医では、こうした人の治療は、まず原因となっている
鎮痛薬の常用を止め、ただ痛みが続くため予防薬として

抗うつ薬や抗てんかん薬などを使うそうです

薬って本当にすごいなぁって思うことも多くありますが依存してしまうと
悪循環に陥ることもあります

薬だけに頼るライフスタイルではなく体自身の改善を目的としたものを
取り入れることも本来の原因を取り除くといった意味では
とても重要なことだと思います

ただ単に体をマッサージしたり調整するって事は疲れを取ったり血行をよくする
だけの効果ではなくストレスを軽減することにも大きく関わっています

疲れを溜まりやすくしているのがストレスって事も少なくないですよね

なんでもそうですが偏らないライフスタイルが体にとっても
良いのかもしれないですね(o^^o)



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

今年も宜しくお願いします

佐田岬


今日まで休みでしたので佐田岬まで行っていました

とても綺麗でした(o^^o)

今年のお正月は食べ過ぎで体調を崩し、寝正月になってしまい反省、反省(o^^;o)


明日から仕事と共にブログの方も少しずつ更新していきたいと思います


しかし・・・今日、伊方町の『きらら館』で食べた、できたてのジャコ天 美味しかった~ρ( ^o^)b_♪

って感じで正月休みは、食べてばっかりです(汗)



テーマ : 新年
ジャンル : 日記

プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。