スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の紹介~痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ~



今日は本の紹介を

専門書なので、まったく無縁な方も多いと思いますが(汗)
同じようなお仕事をされる人も見てくれてるかもしれないので
紹介したいと思います

『痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ』

手技療法を仕事にする人の専門書です

ASTR(Active Soft Relese:アスター)とよばれる手法で

特定の軟部組織(筋、筋膜、靱帯、腱、腱鞘)を局地的に
圧迫伸張を加えて固定しつつ

隣接した関節の運動(自動・自動介助・他動)を行うことで
より効果的なストレッチ施す手技療法の一つです

具体的に触診などで確認した軟部組織の異常

トリガーポイント

圧痛

硬結

緊張亢進


などで

実際の症状と照らし合わせ、問題が生じていると思われる
部位を圧迫固定した状態でストレッチを行います


こうした療法は痛みを対象とした施術をされる方は、少なからずこれと
同じような手法を用いる方が多いと思います

本書の内容と関係ない話ですが私の場合も以前から寝違え等で首を動かすと
肩甲骨に痛みが出る症状などに肩甲骨の圧痛点に圧迫を加えながら
他動によりストレッチを加える方法などを使うことがあります

また、ツボを押さえるときもこの手法で行うことにより
効果的な結果を得られることがあります

野球肘の治療などにも有効で特に肘の内側をケアする
場合には力を発揮するのではないでしょうか

本書は、とても丁寧に写真や手順、そして臨床経験からの
補足など充実した内容です

後は、使う人によりアレンジしていけば幅の広がる
療法といえそうですね


痛みを取る臨床家にはお勧めの一冊ではないでしょうかd(^0^)b グット!


ランキングに参加しています
よかったらポチッと押していってください(o^^o)
にほんブログ村 健康ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 臨床に役立つ本
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。