スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腓骨神経麻痺

時々、腓骨神経麻痺で来院される方がいらっしゃいます

発症から何ヶ月も経過してから来院されるケースも多く
回復までに時間を要することがあります

一般的に腓骨神経麻痺になると病院に行き神経の働きを
促進するビタミン剤を処方していただき様子を見ると
いうことが多いようです

当院で早期回復につながるケースは、発症後なるべく早い段階で
施術をすると効果の高い方が多くいます

簡単に腓骨神経麻痺について書くと

足関節の背屈ができなくなります

これは、背屈するのに必要な筋群の支配神経が
何らかの異常により麻痺し動かなくなってしまう
ことにより起こります

何らかの異常というのは、睡眠時の神経圧迫や
長時間の座位、お酒を飲んでいるときに長時間
変な姿勢で居たりすると起こりやすいようです

先月来院された方に発症後3日で治療にいらっしゃった
患者さんがいました

歩く姿は、鶏状歩行で腓骨神経麻痺で現れる歩行です

つま先に力が入らず踵で歩行するようになるので
大げさな動きになってしまうのが特徴です

体を診せていただくと足関節の背屈及び足指は自分では
まったくピクリとも動かせない状態です

その日は、下肢を中心としたマッサージと関連筋肉の運動と
腓骨神経の支配神経であるL4~S3の調整及び矯正などを
行い1週間ほど様子を見ていただきました

前回の術後はあまり変化がみられませんでしたが
1週間後、来院されたときには親指が動かせるようになり
回復の兆しが早い段階で見えてきました

とはいえ、背屈時に使う頸骨筋や腓骨筋などのテストでは
まだ反応がありません

この日も前回同様の施術と神経に対して刺激を行う
施術も加えながら治療を終えました

そして1週間後再来院時には、初診の時に見られた
鶏状歩行がほとんどなく少しかばいながらも
スムーズな歩行が可能になってきました

頸骨筋や腓骨筋のテストも全快とはいきませんが
正常可動域の50%くらいまでは回復してきました

なかなか回復までに時間を要する疾患ですが
発症後から早い段階で施術を行えれば早期回復に
つながるのではないかと思います

もちろん個人差がありますし、これをしたから
良くなったっていう確かなものはありませんが
治療がビタミン剤のみで行っているのであれば
少なからず効果が期待できるのではないかと
思っています

印象的なのは初診時、来院の際、暗い表情でしたが
3回目の施術後、楽になって帰って頂くときのホッと
したような患者さんの笑顔が印象的でした

趣味の家庭菜園が以前と同じようにでき、たくさん
収穫ができるといいですね(*^ ^*)

※かなり一般の方向けに自分なりにアレンジした
表現があり専門用語も省いてます。。あしからず(^ー^;A



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。