スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こむら返り~スポーツ編~

突然
「あ、つった、つった」と激しい痛みが
襲ってくるこむら返り
みなさんも1度や2度は経験されてる
人もいると思います

『腓腹筋痙攣』

と呼ばれる物で特に多い場所として
ふくらはぎの腓腹筋やその周辺の神経が
異常緊張して筋肉が収縮してしまい
激痛を伴う症状です

スポーツ以外に立ち仕事、お年寄りも比較的多いです

〈原因〉
・下腿静脈のうっ血
・腓腹筋などの筋肉の過労
・血中水分の欠乏
・電解質のアンバランスなど

したがって筋肉疲労、血行不良、寒冷などが大きな要因になる

~スポーツ編~
今回はスポーツでのこむら返りについて
書きます

要因

特に多い要因としてスポーツ前の
準備運動不足による物り
筋肉が暖まっていない状態で
急に動くとにより起きる
汗をかくことによる温度変化で起きる等々

〈対策〉
気をつけることはみなさんも
よく知ってると思いますが

痙攣を起こし固くなっている筋肉を
伸ばすします
急に伸ばすのではなく「ジワーッ」と
伸ばす感じ
これやっておかないと結構いつまででも
痛いです

すぐ楽になるケースが多いですが
負担をかけるとすぐ同じように
こむら返りしてしまいます

ひどい場合は筋繊維を痛めて炎症が
ひどくなりますので無理は禁物です

時々なる方は一過性のもので心配
ないですが頻繁になる方は
治療させていただいて共通して
感じるのは筋肉が固く、弾力性が
なくなっています

屈筋であるふくらはぎだけでなく
拮抗筋である伸筋の頸骨筋なども
固くなっています
※拮抗筋=互いに相反する運動を行う
一対の筋肉

また足首も硬くなっていますので
足全体のケアが必要になってきます

頻繁になる方は普段からの自己ケアが
重要になってきますが
やはり専門的なところで身体を
ケアしてもらってもいいですよね

たかがこむら返りと思っても頻繁に
なると試合や競技に集中できないと
思います

後はゆっくり入浴、睡眠ですね
当たり前のことができてないって
多いですよね
私自身そうですが
「疲れが溜まったなぁ~」
って思う時ってそんな当たり前のことが
出来てなかったりするんですよね

スポーツ編は大雑把ですが
こんな感じで

次回は、こむら返りの
~腰の異常、内臓疾患、高齢の方編~
で書きたいと思います


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。