スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児のストレッチ

幼児も体に疲れが溜まります

背中が張れば大人と同様に自然治癒能力が低下し
風邪をひきやすくなったり喘息の症状が悪化したりします

でもジッとしない子に体を揉んだりさすってあげても
嫌がられるだけのお子さんもいると思います

そもそも幼児の体をほぐしてあげるなんて習慣、一般家庭では
あまり見かけないと思いますが喘息などをお持ちのお子さんなどは
背中をほぐしてあげるとずいぶん楽になります

そこでちょっとした調整法を

少々乱暴ですが『脇腹をくすぐる』です

これをすると、大体の子供は体をねじらせながら
逃げようとします

これが、ストレッチになったり脊椎の調整になり、リンパ液の流れが
促進され全身のアンバランスも調整してくれます

1日に1回~2回程やると効果があり喘息やおねしょなどが
良くなったります

おねしょって骨盤や仙骨が調整されることにより
改善されることが多いからです

子供が嫌がらなければなかなか良いストレッチになりますよd(^0^)b グッ!

操体法にこんな言葉があります

『無意識の動きは、すべての体の歪みをもとにもどす』

我が家では、毎日していますが子供は喜んでます(o^^o) 



スポンサーサイト

テーマ : 健康第一
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。