スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の原因 ~東洋医学~

東洋医学では病気になる原因を大きく3つに分類しています

 1つ目は『外因』
体の外から侵入してくる病邪のことで環境的な物で

『風・寒・暑・湿・燥・火』

6つの病邪に分類されます

これを六淫(りくいん)または六邪(ろくじゃ)といいます

 2つ目は『内因』
東洋医学では精神状態、心の変化が体に及ぼす影響を
重要視していて、感情の変化を

『喜・怒・思・優・悲・恐・驚』

7つの感情(七情)で表します

感情は度が過ぎなければ適度な刺激となり体にとって
良い作用をもたらしますが度が過ぎると病へと変化してしまいます

例えば、喜びすぎは、心を傷つけるといわれています
これは、喜びすぎると心の気がゆるみすぎ精神的に集中できなく
なってきたり不眠になったりすると言われています

 3つ目は『不内外因』
外因にも内因にも分類されない生活習慣による原因を指し
例えば、偏食や不規則な食事、疲労、運動不足、外傷などが
これにあたります

最近の原因になるものとしては不内外因が大きく影響して
いるように思います

不内外因により低下した治癒力が外因からのストレスを
耐えられなかったり、内因を引き起こしたり体にしている
ように思います

様々な体の不調の原因となってるのが元をたどっていくと
このようなことが考えられるのですがこうやってみてみると

体に及ぼすストレスって多いですね(^◇^ ;)



スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だい

Author:だい
40代 ♂

当院の情報はこちらです。
だいまる治療院のホームページ

似顔絵の作者は娘
似顔絵イラストメーカー

最新の記事
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。